服をより美しく見せるために!

光と音にあふれるランウェイ、きらびやかな最先端の服に身を包み、さっそうと歩くモデル、世界最高峰のファッションショーで、その服をより美しく見せるために髪型をアレンジするヘアスタイリストとして活躍する有名人がいるんですよ。4時間で30人近くの髪を整えるという現場は、まさに「修羅場」なんですよね。完全実力主義の現場で10年以上第一線に立ち続ける意欲を支えるのは、「ルーツである地元への思い」ということなんですよ。

美容師になってパリに行く!?

有名ヘアスタイリストの実家は地域の人たちに愛される美容室で理容師の父と、結婚前は洋裁学校に通い、服が大好きな母の背中を見て育ち、小さいころから服や髪型などのファッション関係の仕事に興味を持ったんですよね。中学の文集にはもう、「美容師になってパリに行く」と書いていたんですよ。そこが世界の舞台なんだって意識はあったんでしょうね。高校卒業後は福岡の美容専門学校に進み、美容師として東京に就職した2年後、転機は突然訪れたんですよ。

一も二もなく即答する!

福岡時代に交流のあったフランス人美容師に、両親がフランスで経営する美容学校に通わないかと誘いを受け、一も二もなくこの機会を逃すまいと即答したんですね。留学期間の1年を終え、アシスタントとして3年間必死で技を磨いた後、世界最高峰のファッションショーのバックステージで働く機会を得たんですよね。現在は世界的な有名デザイナーから撮影のヘアスタイリングの直接指名も受けるなど、キャリアを重ねているんですよ。「ヘアスタイルにその人が生きてきた土地や背景をうつすことは、難しいけれど、おもしろい」と言いますね。

山本英俊は、パチンコ機器卸売業者フィールズの会長で馬主としても知られている。その他には、フィールズグループの円谷プロダクション等の取締役でもある。