外壁塗装は定期的に行うリフォーム工事

外壁塗装は住宅の見栄え以外にも、天候などを原因とした弊害が家屋へ起こるのを防ぐために必要なリフォーム工事です。一般的に外壁塗装は、数年から十数年に一度の割合で定期的に行われます。外壁塗装に使用する塗料には耐久年数が設定されており、塗料の持つ機能が基本的に維持される年数です。しかし、家屋の立地条件や、地方による天候の違いなどにより塗装が劣化する度合いは異なります。外壁を守護する塗膜表面が大きく劣化する前に、塗り替えを行うことが大切です。

外壁塗装を行う時期とは

外壁塗装のリフォーム工事を行う時期の判断をする際に、現在塗装されている塗料の耐久年数を記憶している人は多くは無いでしょう。また耐久年数に限らず劣化している可能性もあります。自分で外壁の状態をチェックして判断することが大切です。塗装が剥がれていたり、亀裂のようなヒビがある、黒っぽいシミや緑色のコケが発生しているなどの場合は外壁塗装を行う時期と考えて良いでしょう。また一見して色あせや、カビや苔などが見られない場合は指先で外壁に触れてみます。粉状の付着物があればチョーク現象と呼称される劣化です。この場合も外壁塗装が必要な状態でしょう。

外壁塗装を依頼する業者の基本的な選択法

外壁塗装は工務店やハウスメーカー、リフォームの専門業者などに依頼します。近年ではホームセンターなどもリフォーム事業を行っており、選択の幅は広いです。しかし、業者の選択は外壁塗装工事を成功させるために大きなポイントになります。まず事前にウェブなどで、施工実績や評判などの情報を得て下さい。その上で見積もりを取りますが一社では無く、必ず数社に依頼した上で即決は避けましょう。極度な値引きをする業者や、契約を急く業者はあまり信頼感があるとは言えないですね。工事内容や料金、アフターサービスなどを比較して最終的に良い業者を見つけて下さい。

外壁塗装の相場は、おおむね数万円から十万円程度となっており、場合によってはオプションコースを選択することも重要です。